家庭菜園のススメ

カブ

カブ
名前 カブ
科名 アブラナ科
主な品種 あずま金町、雪姫、白露、聖護院、本紅丸
元肥・追肥(10m2) 元肥1㎏
追肥0.5㎏
カレンダー
カブ.jpg
育て方
土づくりはこちら>>
夏・秋まきのコツはこちら>>
種まき
うね幅80m、条間30cmの2条植えに種をまく溝をつくり、約1cm間隔で筋まきにします。種をまいたら、土をかけて覆土し手で軽く押さえてから水をたっぷりと与えます。
間引き・追肥
種まきから2〜3日で発芽します。発芽したら生育の良いものを残してから、本葉2枚ほどで株間3cmに、本葉4枚ほどで株間6cmに、本葉6枚ほどで株間12cm程度になるように間引きします。大カブなら株間25cm程度になるまで間引きします。
追肥は、生育状況を見ながら、間引き後1週間ごとに1回与え、追肥したら株元に土寄せします。
収穫
収穫・破球 小中カブは種まきから45〜60日後、直径が5〜10cmになったら、大カブは種まきから60〜80日後、直径15cm程度になったら収穫適期です。株元の葉を手で持って引き抜き収穫します。
栽培のポイント
カブは、日当たりが良く、約15〜20℃の比較的涼しい気温を好みます。土の表面が乾く前にこまめに水を与え、カブがあまり大きくならないうちに早めに収穫します。収穫が遅れると、ス入りになったり、裂根してしますので注意しましょう。
※スとは、ダイコンやキュウリなどの野菜の中心部に空いている穴のこと。
土づくりなど家庭菜園の基礎はこちらから
野菜選び 土づくり 肥料 農具
日当たり 病害虫対策 夏・秋まきのコツ 資材
 
このページの上部へ