JAさがニュース

最優秀賞に中山照久さん/「佐賀牛」生体共進会

さが本所/1125佐賀牛生体共進会_3653.JPG JAグループ佐賀畜産振興協議会は11月25日、JAさが畜産センターで2021年度「佐賀牛」生体共進会を開いた。県内の肥育農家から雌・去勢合わせて40頭が出品。審査の結果、JAからつの中山照久さんの出品牛が最優秀賞に輝いた。
 佐賀牛の銘柄維持と品質向上および生産意欲の高揚を図るため毎年行っている。出品肉牛は生年月日、産地が明確で、体重は黒毛和種の雌(未経産)550㌔以上、去勢650㌔以上が条件。
 審査後に行ったセリでは、平均価格約152万円(税込)で取り引きされ、中山照久さんの最優秀賞牛は191万円で(株)弥川畜産が落札した。
 その他の入賞者は以下の通り。敬称略。かっこ内JA名。
▽優秀賞=(株)タラファーム(さが・(みどり))▽優良賞=(株)中山畜産(からつ)中山照久(からつ)。
写真=最優秀賞受賞牛(25日、JAさが畜産センター)

このページの上部へ