がばいうまかレシピ

2014年1月:ダイコンと牛肉のスープ

冬野菜の代表格。寒い時期に甘味が増します

p34_1shoku_recipe_b.jpg

材料(2人分)
ダイコン 150g
牛モモ肉
(薄切り)
60g
ネギ 1/2本
ショウガ 1片
(10g)
【A】
400ml
スープの素 小さじ1
【B】
花しょう 小さじ1/2
少々
小さじ1
しょうゆ 小さじ1

作り方 【1人分88kcal】

ダイコンは5cm長さ、7~8mm角の拍子切りにする

牛肉は1~1.5cm幅に切る

ネギは斜め切り、ショウガは薄切りにする

鍋にAとダイコンを入れて火に掛け、ふたをして2~3分煮る。牛肉、ネギ、ショウガを加え、沸騰したら、あくを取る

Bを加えて調味する

食のはなしベターホームのお料理教室

冬野菜の代表格。寒い時期に甘味が増します
p34_01shoku...
 冬ダイコンは一年中出回っていますが、寒い時期に甘味が増しておいしくなります。日本では、春の七草の一つ「スズシロ」として古くから、親しまれています。現在は肉質が柔らかく、甘味が強い青首ダイコンが主流ですが、京都の伝統野菜の聖護院(しょうごいん)ダイコン、水分が多く大型の三浦ダイコン、薬味に使われる辛味ダイコンなど、独自の品種があります。シャキシャキとした食感を生かし、生のままサラダやあえ物、大根おろしとして食べたり、加熱すると甘味が増し、だしのうま味を閉じ込めるので、ぶり大根、おでんなどの煮物や煮込み料理、スープにしたりと、いろいろな料理でおいしくいただけます。

 葉の付け根の部分は甘く、先端(しっぽ)ほど辛味が強くなるので、料理によって使い分けるのがポイント。生で食べるときは葉に近い部分、煮物など加熱する料理には真ん中の部分、先端はみそ汁などに使うとよいでしょう。

 ダイコンに含まれる辛味成分は、がん予防に効果があるといわれ、ビタミンCも豊富です。その他、消化を助け、胃腸の働きを整えて食欲をアップさせるジアスターゼも含まれています。ジアスターゼは加熱すると壊れてしまうので、生のまま食べる方が効果的です。脂っぽいものを食べるときに大根おろしを添えると、消化も良く、さっぱりします。

 選ぶときは、太くて重いもの、皮に張りがあるものが新鮮です。葉が付いているものは、そのまま置いておくと、葉から水分が失われスカスカになってしまうので、葉を切り分けて保存します。使いかけのものは、乾燥しないように切り口をラップで覆い、ポリ袋に入れて、野菜室へ。葉の部分はゆでて刻んで冷凍しておくと、みそ汁の青味や煮物の彩りにもなり、便利です。 
撮影:大井一範

 

簡単レシピ特集

牛肉.jpg

【使用した材料別レシピ】

牛肉
アーカイブ +全部表示する
材料別レシピ
このページの上部へ