JAさがニュース

「特選さが美人」園地を厳選/果実の内容、園地の状況で認定

さが杵藤/1012特選さが美人(上野・ゆら)指定園現地確認.jpg JAさがみどり地区みかん部会は12日、県内統一ブランド「さが美人」の品質基準を上回る「特選さが美人」を出荷する園地の現状を確認した。栽培期間中に「特選さが美人」として出荷する園地を生産者が申請し、出荷前に行う果汁分析でミカンの糖度や酸度などを確認。基準に合格した園地は着果状況や園地の管理状況を確認し認定するもので、部会役員とJA営農指導員で候補園地を巡回した。
 特選さが美人は樹上で完熟するまで管理し、高糖度、低酸で甘みが強いことが特徴。計画出荷による販売で関東や関西に出荷する。2021年度合格した園地は面積115㌃で出荷量約22㌧を見込んでいる。
写真=園地を確認する部会役員と職員(12日、鹿島市)

このページの上部へ