家庭菜園のススメ

温州ミカン編

 

 温州ミカン栽培の取り組み

1-1.jpg 1-2.jpg
▴根域制限栽培による高品質栽培 ▴マルチ被覆確認会
1-3.jpg 1-4.jpg
▴隔年交互結実栽培による省力化栽培 ▴巻き上げマルチによる省力化
 

 

佐賀県での栽培品種

2-1.jpg 2-2.jpg 2-3.jpg
▴「太幸早生」 ▴「宮川早生」 ▴「青島温州」
 

 

ミカン作りにチャレンジ!!

佐賀県のみかん栽培面積は全国で5番目に多い産地である。しかし、全国的に栽培者の高齢化などで面積は減少していますが、高品質なみかんは消費者に人気が高い果物です。佐賀県は温暖化気候を生かして需要期に出荷できる産地として、取引市場からも期待されています。

早生・普通温州ミカンは収量が上がる

  ◎早生・普通温州ミカンは10a当たり3,500~4,000kg収穫できる
  ◎マルチシートを被覆すると品質が上昇する
  ◎早生・普通温州ミカンは鳥獣害被害には注意する

全国的にミカン面積は減少傾向
温州ミ~1.JPG
※栽培面積の減少要因は、生産者の高齢化のため減少しているが、果物の中でも消費量は、一番多い果物である
   
初心者でも取り組みやすい

  ◎ミカンは果樹の中でも初期投資が少なく栽培できます
  ◎マルチの被覆が前提となりますが、マルチを被覆すれば品質が上昇します

販売単価は?

 佐賀県産ミカンの過去4カ年の早生・普通(さが美人)の市場販売価格の推移です。佐賀県全体については、早生・普通温州ミカンの数量が少ないため、11月以降は特に需要が高く、高単価で販売されています。

5.jpg

早生・普通温州ミカン栽培歴

4.jpg

収益性は?(早生・普通温州ミカン栽培の場合)
・早生温州出荷3,500kg × 200円/kg  =700,000円   
・早生温州出荷経費・生産経費(概算)    437,000円/10a
・早生温州手取り金額(概算) 263,000円/10a

 

・普通温州出荷4,000kg × 220円/kg  = 880,000円
・普通温州出荷経費・生産経費(概算)    588,000円/10a
・普通温州手取り金額(概算) 292,000円/10a
技術は確立・指導は万全

 栽培技術は確立しています。JAの技術指導員が丁寧に指導にあたり、適期に管理作業をしてもらえば、3年目で初結実、5年目で成園化ができ、以後20年以上栽培が継続可能です。

施設と資金対応

 高品質生産に向けては、余分な水分を入れないマルチシートの設置を推奨しています。また、新たな取り組みとして水田転換として根域制限栽培、施設栽培等産地では取り組みをされております。設置については、国や県の補助事業・低金利の融資がありますので、安心して施設の導入が図られます。

【施設導入費】
 ◎根域制限栽培 10a当たり 約240万円
 ◎マルチ栽培   10a当たり  約12万円
 

 

栽培プラン

7.jpg
 JAの果樹部会に加入いただくと、県や国の補助事業によりマルチや根域制限栽培・苗木等に対する補助事業等を受けることができ、栽培や経営の指導を受けることができます。詳しくは最寄のJA・普及センターにご相談ください。

このページの上部へ