佐賀の農畜産物

温州ミカン

JAさが特選ブランド「さが美人」
 
 佐賀県では、天山山麓や多良岳山麓を中心に盛んにミカンを栽培しています。この山間は「オレンジベルト」と呼ばれ、各地区の気候条件や土壌条件を生かした、ブランドミカンづくりも積極的に行われています。
 県産の温州ミカンは、9月下旬から始まり、早熟系早生温州、早生温州、貯蔵ミカンで人気の普通温州へとリレー販売を行い、年が明けて3月下旬まで出荷しています。
▼商品を購入する
温州ミカンの写真(園地...
▲純白のシートが広がる園地
 
光を浴びるミカン
▲光を浴びるミカン
 
ミカンの花
▲ミカンの花
 
個性
 高糖度ミカンの生産に積極的に取り組み、園地を白いシートで覆うマルチ栽培の技術を確立しています。その高い生産技術で作られるミカンは、甘味酸味とのバランスが絶妙で、青果をあつかうプロをもうなずかせるおいしさが自慢です。
 また、厳しい選果と光センサーによる糖度と酸度測定で選りすぐられた、JAさが特選ブランド「さが美人」は、“味”に自信のある逸品です。外観品質基準を満たしたものだけにその称号が与えられます。
 
健康
 ミカンは、ビタミンCやビタミンP(ヘスペリジン)などの成分を多く含んでいます。ビタミンPは、毛細血管の強化や血圧の上昇を抑制すると言われています。ビタミンCの吸収を助け、コラーゲンを作る働きなども補強してくれます。ビタミンPは特に白いスジに多く含まれていますので、取らずに食べましょう。
  また、「ベータ・クリプトキサンチン」という物質が他の柑橘に比べて非常に多く、輸入オレンジの約60~100倍多く含んでいます。強力な発ガン抑制作用があるとされ、ベータ・カロチンの約5倍あると注目されています。
 
選び方
 果実の形が少し扁平で、色が濃くて皮が薄いものが良いでしょう。
 
由来
 柑橘の原種は約3千年前のインド北東部、アッサム地方を発祥とし、様々な種類へと変化しながらアジア、中国へと伝わったとされています。最初に栽培したのは中国で、約4千年も前から柑、橘、橙に区別し、栽培史として詳細に記録されています。
  温州ミカンは、鹿児島県長島町が原生地との説が有力で、同町で偶発実生により発生したとされる樹齢約300年の温州ミカンの古木が昭和19年まで残っていたそうです。

データ

品種 『上野早生』 『宮川早生』 『大津4号』 
『興津早生』 『青島』 『清水4号』
主な出荷先(地方) 東北・甲信越・関東・関西・九州
主な産地(JA・地区名、合計)
JAさが(佐城地区・神埼地区・東部地区・みどり地区・白石地区)
JAからつ、JA伊万里
合計約13,875t(平成28年度販売数量)
出荷時期

unsyu.jpg

品種一覧

4.jpg
ueno.jpg
okitu.jpg
miyagawa.jpg
石地.jpg
ootu.jpg
aosima.jpg
4.jpg
 

このページの上部へ