文字の大きさ 小 中 大

食と農業

温州みかんの品種

20.jpg上野早生
 「宮川早生」から枝変わりで発見された早熟系早生品種です。酸味が少なく、食味が濃厚でおいしいと人気の品種。佐賀県ではハウス栽培を主流に、高品質なミカンの栽培を行っています。とってもジューシ-な品種なので、果汁をたっぷり味わうことができます。
 

20.jpg興津早生
 「宮川早生」に「カラタチ」を受粉して得られた珠心胚実生から選別された品種です。果皮は滑らかで美麗。果実は「宮川早生」より1週間程早く着色し、10月中旬に収穫が始まります。糖度が高く、過熟になっても味ボケしないので、濃厚なミカンの味を楽しむことができます。
 

20.jpg宮川早生
 日本に古くからあった温州みかんの枝変わりから発見された早生品種です。早生温州の代表的な品種で、全国各地で栽培されています。樹勢が強く毎年たくさんのミカンが収穫でき、佐賀県ではハウス栽培用としても用いられています。甘味と酸味のバランスが良く、風味が濃厚でさっぱりとした味わいです。
 



20.jpg石地温州
 広島県安芸郡倉橋町で杉山温州の変異樹として発見された品種。果実は扁円~やや球形。浮き皮がほとんどなく、じょうのう膜はやや薄い。甘味が強く、減酸が早い。
 

20.jpg大津4号
 温州みかんとポンカンを掛け合わせた普通品種です。普通品種の中では早熟で、果実が大きく玉ぞろいが良いのが特徴。果皮はやや厚めで、滑らかで光沢があり外観がきれいです。甘味が強く、酸味は殆ど感じません。貯蔵しても甘味に変化がなく、食味が優れています。
 

20.jpg青島
 尾張系と呼ばれる普通品種の枝変わりから発見された品種。果実はが大きく、扁平に育ちます。果皮はやや厚めですが、むきやすいので食べやすく、貯蔵に向いています。貯蔵するにつれ果肉が熟成し、まろやかな味わいになります。糖度が高く、適度な酸味があり、こくのある味を楽しめます。
 

 

ページのトップへ