がばいうまかレシピ

2014年9月:柿の白あえ

柿が赤くなると医者が青くなる」といわれるほど栄養豊富

p34_09shoku...

材料(2人分)
小1個
(150g)
木綿豆腐 1/3丁
(100g)
クルミ 20g
少々

作り方 【1人分145kcal】

豆腐はペーパータオルに包んで、電子レンジ(500W)で約1分加熱し、水気を取る

クルミはオーブントースターで2~3分、焦がさないように焼く

2をすり鉢で粗くすり、1を加えてすり混ぜる。塩を加える

柿を1.5cm角のさいの目に切り、3であえる

食のはなしベターホームのお料理教室

「柿が赤くなると医者が青くなる」といわれるほど栄養豊富
p34_09.jpg
 柿には非常に多くの栄養が含まれています。そのうちの一つであるビタミンCには、免疫力を高め風邪を引きにくくする働きがあります。その含有量はミカンの2倍にもなり、柿1個で1日分の必要量に相当します。また、血圧を下げる働きのあるカリウムや、コレステロールを下げる働きのある食物繊維も豊富に含まれています。そして渋味のもととなるものが、タンニンという成分。タンニンには抗酸化作用、殺菌作用の他、アルコールを分解する作用などもあるので、二日酔いに効くともいわれます。まさに「医者が青くなる」ほど栄養たっぷりの果物です。

 柿には、成熟すると渋味が抜ける甘柿と、成熟しても渋が抜けない渋柿があります。甘柿が成熟すると渋が抜けるのは、タンニンの性質によるもの。果実が成熟してくると、タンニンは水に溶けない形になります。そのため唾液に溶け出さず渋味を感じません。渋柿は成熟しても渋が抜けないので、湯に漬ける、へたにアルコールを付けて密閉、干し柿にするなどして渋を抜くと、甘くなりおいしく食べられます。

 選ぶときは、へたがしっかりしていて、実に張りがありずっしりと重みのある物を。そのまま果物として食べることが多い柿ですが、白あえ、なます、サラダなど料理にもよく合います。柔らかいと仕上がりが水っぽくなるので、料理には堅めがお薦め。また、熟し過ぎてしまった柿は、冷凍するとシャーベットのようになり一味違った楽しみ方も。 
撮影:大井一範

 

 

【使用した材料別レシピ】

アーカイブ +全部表示する
材料別レシピ
このページの上部へ