がばいうまかレシピ

2014年5月:エダマメの梅ご飯

春から夏にかけて、旬を迎えるエダマメ

p34_05shoku...

材料(4人分)
米用カップ2
(300g)
400ml
梅干し 1個
エダマメ
(さや付き)
150g
いりごま
(白)
大さじ2
【 A 】
大さじ1
小さじ1/4
しょうゆ 小さじ1

作り方 【1人分316kcal】

米をといで炊飯器に入れ、分量の水に30分以上漬けます。Aの調味料と梅干しを丸ごと加えて混ぜ、ご飯を炊く

エダマメは塩小さじ1/2(材料外)でよくもみ込んでから、熱湯で4~5分ゆでる。さやから豆を取り出す

ご飯が炊き上がったら、梅干しの種を除いて果肉をちぎり、ご飯に混ぜる。食べる直前にエダマメといりごまを加えて、全体に混ぜます(おむすびにもお薦めです)

食のはなしベターホームのお料理教室

おつまみにはもちろん料理の彩りにも、春から夏にかけて、旬を迎えるエダマメ!
p34_05.jpg
 冷凍品であれば一年中手に入りますが、ぜひ夏には、生のエダマメを味わいたいものです。

 エダマメは大豆の若い実で、青い状態で枝付きのまま刈り取ることから「枝成り豆=エダマメ」と呼ばれるようになったといわれています。
 タンパク質の他、大豆には含まれないビタミンAやCが豊富。代謝に関わるビタミンB1、便秘や生活習慣病の予防に役立つ食物繊維、血圧を下げる働きがあるといわれるカリウムも含まれています。夏バテしやすい時期には、積極的に取りたい野菜の一つです。

 選ぶときは、さやの緑色が濃く、粒がしっかり入っているものを。枝付きの場合は、枝の間隔が短く、さやが密生しているものが上質です。鮮度が落ちやすいので、買ったその日のうちにゆでましょう。難しい場合は、枝付きは枝からさやを取り、ポリ袋に入れて、野菜室で保存し、できるだけ早くゆでます。

 枝豆をおいしく食べるには、ゆでる前の下処理がポイント。ゆでる前に豆100gに対し、塩小さじ1/3の割合で塩もみすると、産毛が取れて、色よく仕上がります。ゆでるときは、塩が付いたまま、熱湯でふたをせずに5分程度ゆで、ざるに取り、熱いうちに塩を振ります。
 手間は掛かりますが、さやの両端をはさみで少し切り落とすと、塩味が染み込みやすく、食べやすくなります。
 緑色が鮮やかなので、まぜご飯やあえ物、サラダなどに加えると、料理の彩りや食感のアクセントにもなります。

 冷凍するときは、塩ゆでしてから、保存袋に入れて冷凍庫で保存します。自然解凍して食べられるので、まとめてゆでておくと便利です。 
撮影:大井一範

 

 

【使用した材料別レシピ】

エダマメ
アーカイブ +全部表示する
材料別レシピ
このページの上部へ