がばいうまかレシピ

2014年2月:根ミツバとアサリの酒蒸し

香りが命。胃もたれを防ぎ、ストレスを解消します

p34_02shoku...

材料(2人分)
根ミツバ 1束(250g)
アサリ
(殻付き)
200g
カップ1
(200ml)
小さじ1
大さじ2
しょうゆ 少々

作り方 【1人分33kcal】

アサリは塩水に漬けて2~3時間置いて砂抜きする。殻をこすり合わせてよく洗う

根ミツバは根を切り落とし、4cmの長さに切る

フライパンにアサリを入れ、酒を振ってフタをし、強火にかける。沸騰したら中火にし、3~4分蒸し煮にする

アサリの殻が開いたら、ミツバを加えてざっと混ぜる。しょうゆを加えて、ひと混ぜし、火をとめる

食のはなしベターホームのお料理教室

香りが命。胃もたれを防ぎ、ストレスを解消します
p34_02.jpg
 ミツバの爽やかな香りの成分には、胃もたれを防いで食欲を高めたり、神経の興奮を鎮めて、ストレスを解消する働きがあります。
 ミツバは、栽培方法によって品種が分けられます。スポンジ付きのもので、水耕栽培され、一年中出回っている「糸ミツバ」、光をさえぎって育て、根元で切って収穫される「切りミツバ」、土寄せして葉が出たら根ごと収穫、出荷される「根ミツバ」があります。根ミツバは春が旬で、香りが強く、しゃきしゃきとした歯触りが特徴です。根もよく洗って、きんぴらにして食べられます。

 ミツバはビタミンA(カロテン)が多く、緑黄色野菜に分類されます。血圧を調整する働きのあるカリウムも豊富です。
 切りミツバ、糸ミツバ、根ミツバの順に、茎が太く堅く、香りも強くなるので、さっとゆでて使ったり、薬味には、切りミツバや糸ミツバ、炒め物には、根ミツバがお薦めです。お吸い物、茶碗蒸しに載せて、彩りにする他、あえ物やおひたし、天ぷらにして香りを楽しみます。炒め物や蒸し物など加熱するときは、時間を短くし、食感を残して、香りを生かすのがポイントです。

 選ぶときは、葉の緑色が鮮やかで、全体的に茎に張りがあり、みずみずしいものを。香りを生かすため、できるだけ1回で使い切りたいですが、残ったときは、乾燥するとしおれて香りがなくなるので、スポンジ部分に水を含ませたり、水でぬらしたキッチンペーパーに包んでビニール袋に入れ、冷蔵庫で保存して、1~2日で使いましょう。 
撮影:大井一範

 

 

【使用した材料別レシピ】

アーカイブ +全部表示する
材料別レシピ
このページの上部へ