家庭菜園のススメ

すもも編

 

 ハウスすももの栽培は魅力いっぱい

ハウスすもも栽培は魅力... ハウスすもも栽培は魅力...
▴柵栽培による省力・高品質栽培 ▴開花期は花見ができる
ハウスすもも栽培は魅力... ハウスすもも栽培は魅力...
▴ハウスすももの収穫直前 ▴量販店向けパック販売

 

佐賀県での推奨品種

佐賀県推奨品種①.png 佐賀県推奨品種②.png 佐賀県推奨品種③.png
▴早生「大石早生」 ▴中生「ソルダム」 ▴晩生「食腸」

 

今ハウスすもも栽培が面白い

すももと言えば、酸っぱいイメージで、山梨県や長野県などの主産地を想像しますが、主産県は露地栽培で、出荷時期は6月末~8月にかけて収穫出荷がなされます。狙い目は5月~6月出荷できるハウスすももの出回りが少なく、梅雨時期を避けて出荷ができ、関東・関西の販売住み分けがきっちりなされており、安定した販売がなされています。遊休施設等を利用したハウスすもも栽培に取組んでみませんか?

すももの樹はぐんぐん樹が育つ・実が取れる

 〇植付けてからの樹が育つスピードが速い
 〇佐賀県ではハウス栽培に適した早生種「大石早生・ソルダム」の栽培が普及中
  〇大石早生とソルダムの混植で結実安定~栽培には初心者でも取組みやすい

果物の流通が少ない5~6月の注目商品

  〇5月~6月は果物の流通が少なく、ハウスすももの引き合いは強い
  〇本格的な梅雨前に収穫が終わるため、品質が優れている

全国的にすもも栽培面積はゆるやかな減少
表4.png
 

すもも.png

販売単価は?

佐賀県産すももの過去5か年平均の旬別市場平均単価です。5月~6月は競合品目が少なく、安定した販売単価となっています。

販売単価は?.png

ハウスすもも栽培暦

ハウスすもも栽培歴.png

収益性は?(無加温ハウス栽培の場合)

収益性は?.png

技術は確立・指導は万全

 栽培技術は確立しています。JAの技術指導員が丁寧に指導にあたり、適期に管理作業をしてもらえば、植付3年後に初結実、5~6年後で成園化となり、20年程栽培が継続可能です。

施設と資金対応 

栽培においては、ハウス施設が必要です。慣行栽培でも栽培可能ですが、省力化や収量増加に向けては、棚栽培を推奨しています。設置については、国や県の補助事業・低利の融資がありますので、安心して施設の導入が図られます。

栽培プラン

栽培プラン.png
 JAの果樹部会に加入いただくと、県や国の補助事業により果樹棚やトンネル施設・苗木等に対する補助事業等を受けることができます。また栽培や経営の指導を受けることができます。詳しくは最寄のJA・普及センターにご相談ください。

このページの上部へ