家庭菜園のススメ

デコポン編

 

 デコポン栽培の取り組み

デコポン栽培の取り組み... デコポン栽培の取り組み...
▴デコポンの袋かけ ▴中晩柑栽培研修会
デコポン栽培の取り組み... デコポン栽培の取り組み...
▴施設栽培のデコポン ▴麦ワラ被覆による省力化栽培
 

 

佐賀県で栽培されているデコポン

佐賀県で栽培されている... 佐賀県で栽培されている...  
▴「デコポン」 ▴「佐賀果試34号」  
 

 

デコポン栽培にチャレンジ

全国的に栽培面積は、温州ミカンからの更新で増加傾向でありますが、中晩柑は高品質で消費者に人気が高い果物です。不知火の栽培面積は全国で5番目の栽培面積です。中晩柑は大玉果で人気があります。佐賀県は温暖化気候を生かして需要期に出荷できる産地として、取引市場からも期待されています。

品種の差がなく高糖度

 〇根強い人気のデコポン(全国でも栽培面積が多く作られている)
 〇遅くまで成らせるため、寒害対策・鶏獣害対策等対応が必要不可欠であり、
     寒害対策のため、袋掛け栽培が必要である。

栽培に初心者でも取組みやすい

  〇中晩柑は果樹の中でも成長が遅く、収穫までの期間が長い。
  〇近年は大玉果栽培であるため、適期管理が必要である。

全国的にデコポン栽培面積は増大傾向
でこぽん.png

 

   
販売単価は?

佐賀県産の過去3か年の市場販売単価の推移です。中晩柑は、大玉果生産であるため、2L・3Lが高単価で販売されています。収穫後、予措・貯蔵管理が必要であるが、貯蔵技術が発達しており、ポリ個装等新しい取り組みが実施されています。

販売単価は?.png

中晩柑栽培暦

中晩柑栽培歴.png

収益性は?(露地デコポン栽培の場合)

収益性は?.png

技術は確立・指導は万全

 栽培技術は確立しています。JAの技術指導員が丁寧に指導にあたり、適期に管理作業を徹底してもらえば3年目で初結実、5年目で成園化ができ、以後20年以上栽培が継続可能であり、水田転換でも栽培が可能であり、温州みかんと複合経営が可能です。

施設と資金対応 

栽培については、中晩柑は夏場のかん水が必要になります。高品質生産に向けては、かん水施設の設置を推奨しています。設置については、国や県の補助事業・低金利の融資がありますので、安心して施設の導入が図られます。また、屋根かけ・ハウス栽培も推進しています。

栽培プラン①

栽培プラン①.png

栽培プラン②

栽培プラン②.png


 JAの果樹部会に加入いただくと、県や国の補助事業により果樹棚やトンネル施設・苗木等に対する補助事業等を受けることができます。また栽培や経営の指導を受けることができます。詳しくは最寄のJA・普及センターにご相談ください。

 

このページの上部へ