家庭菜園のススメ

ブドウ根域制限栽培

 近年ブドウ栽培のさらなる簡素化と着色向上・高糖度生産が可能となる、根域制限栽培が普及しています。是非、チャレンジしてみませんか?

 従来の作り方と根域制限栽培との違い

根域制限栽培(短梢仕立) 従来の作り方
  • ・栽培管理が楽になる
     (せん定、袋かけ、肥培管理等)
  • ・果実品質が良くなる
     (糖度・着色アップ)
  • ・初期投資は少ないが、樹が大きくなるにつれて、
     栽培管理が難しい
  • ・根域が広がるため、樹勢は強くなるが、湿害や
     乾燥害をうけやすい
作業の方向(直線作業) 作業の方向(グルグル作業)
01.jpg 1-11.jpg
 
根域制限栽培の目標(巨峰、トンネル栽培の場合)
10a当たり収穫量 5,000房 × 300g   = 1,500kg
盆前出荷(40%) 600kg × 850円/㎏ = 510,000円
盆後出荷(60%) 900kg × 650円/㎏ = 585,000円
合計販売金額  1,095,000円/10a (平均単価730円/㎏)
出荷経費・生産経費(概算) 525,000円/10a  
手取り金額(概算)   570,000円/10a  
10a当たりの根域制限栽培の導入経費は?
防根シート  139,500円  (5列×5m植栽)
土壌改良剤 290,500円 (ピートモス、石灰、ようりん)
ブドウ苗木 25,000円 (25本×1,000円)
かん水チューブ 15,000円  
合 計 470,000円 (概算)
※新規に果樹棚・トンネル施設を設置する場合には別途経費がかかります。
植栽イメージ

名称未設定-2.jpg

lll.jpg

現地での導入事例
名称未設定-1.jpg 名称未設定-2.jpg 名称未設定-3.jpg
有田町 鹿島市 白石町

 

 JAの果樹部会に加入いただくと、県や国の補助事業により果樹棚やトンネル施設・苗木に対する補助事業等を受けることができます。また栽培や経営の指導を受けることができます。詳しくは最寄のJA・普及センターにご相談ください。

icon_pdf.jpg

 

 

 

このページの上部へ