文字の大きさ 小 中 大

食と農業

うれしの茶(嬉野茶)

うれしの茶

 うれしの茶は、2002年に「佐賀県または長崎県において生産された原料茶を100%使用し仕上げ加工した茶を統一銘柄「うれしの茶(嬉野茶)」とし、50%以上100%未満使用を「うれしの茶ブレンド(嬉野茶ブレンド)」としています。
 主産地である嬉野町は、県南西部に位置し長崎県東彼杵郡と隣接する町で、なだらかな山間で霧深く、昼夜の温度差があり日照量などの条件が、茶の栽培に適した地域です。
 「日本三大美肌の湯」である嬉野温泉とともに全国的に知られ、世界的に有名な有田焼や伊万里焼、唐津焼、嬉野で歴史を刻んだ吉田焼きなどの陶磁器のファンからも観光地として愛される魅力ある町でもあります。
  また、毎年実施されている「全国茶品評会」では、蒸し製玉緑茶の部門において、5年連続で日本一となる「農林水産大臣賞」と高品質な茶の生産産地に贈られる「産地賞」を獲得しました。
 釜炒り茶に於いても、3年連続で「産地賞」を獲得するなど「うれしの茶」のブランドが全国に認められています。
 伝統を守りつつ、新しい技術を取り入れながら感性をみがく後継者も、うれしの茶の将来を担うため県外などでの勉強を重ね確実に育っています。

▼商品を購入する

おいしさと人気の秘密
うれしの茶イメージ
 文部省唱歌「茶摘」の八十八夜とは、立春から数えて88日目(現在の暦で5月2日ころ)のことで、ちょうどこの頃盛んになる一番茶摘を歌ったものです。
 嬉野では、この一番茶の育成時期にあたる4月中旬ころ、茶園がある山間が朝霧に包まれるという好条件で、葉にふれるほどよい水分が新芽の育成にとても良いのです。また、昼夜の気温差が茶の育成にメリハリを与え、味をまろやかにし、ほどよい香りとコクを育みます。
 太陽の光をたっぷりと浴びた茶は、香りや味を濃くするなど、茶園の条件によっても違いがあります。これら特徴ある茶は、飲む人の嗜好や価格も手ごろに合わせるため、ブレンドという技術が生かされます。五感を研ぎ澄まし、水色を目、味を舌、香りを鼻でと調整するその技術は鍛錬された匠の成せる技です。

ブレンド商品
 うれしの茶は、日本茶の中では珍しい独特の丸みを帯びた茶の形状から、玉緑茶(グリ茶)と呼ばれます。一枚一枚が丸く緑色の艶が深く、香りや旨みが強いという特徴を持ち、急須の中でゆっくりと開きながら旨みを抽出していくため、そそぐたびに味や香り、旨みの移り変わりを楽しめるお茶として人気です。


玉露茶
玉露茶 茶葉  直射日光を浴びないように茶園一面にワラや遮光シートをかぶせて葉を育てます。緑色の濃いやわらかい茶葉が特徴で、一芯三葉を丁寧に手摘みして造る、やわらかい甘味が人気です。

蒸し製玉緑茶
蒸し製玉緑茶 茶葉  茶葉を高温で蒸した後、乾燥工程を経て造るお茶で、一般的にいう煎茶の部類に属します。「高級茶」から「普通茶」まで幅の広い商品があり、うれしの茶の主流を占め、多くの人に愛されているお茶です。
 玉緑茶(グリ茶)特有の色艶があり、茶の形状が丸く、深く豊かな香りとまろやかさが味わい深いお茶です。

釜炒り製玉緑茶
釜炒り製玉緑茶 茶葉  日本茶の起源とうれしの茶の歴史を感じる、生産量が嬉野茶全体の5%ほどと限られており希少価値の高いお茶です。伝統製法をそのままに、茶葉を直接直火で炒りながら造ります。丸みを帯びた茶は、蒸し製玉緑茶と比べて多少大きく、釜炒り特有の艶があり焙じ香がさわやかで喉ごしがさっぱりとしたお茶です。

衛星の恵み・うれしの茶
 「お茶」・「温泉」・「陶器」の町嬉野市には、古い歴史と、先人から受け継いできたすばらしい茶園がたくさんあります。「衛星の恵み・うれしの茶」は、人工衛星を利用して優良茶園を選び、そこから採られた高品質な茶葉を使って、JA直営の製茶工場で「安全・安心」をモットーに心を込めて作ったおいしいお茶です。 衛星の恵み・うれしの茶
 
うれしの茶の特徴・釜炒り茶発祥の地
 「釜炒り茶」発祥の地とされる嬉野町は、明(現在の中国)から焼き物の文化とともにもたらされたとされ、約500年前の1504年に陶工(陶磁器の製造をする人。陶芸氏)である紅令民が明から釜を持ち込み、南京釜による炒葉製茶法を伝えたことが、嬉野式の釜炒り茶の始まりとされています。
 
うれしの茶の歴史
 うれしの茶の歴史は古く、その起源は永享12年(1440年)、現在の中国大陸から移住した唐人が陶器を焼く技術とともに自家用の茶樹の栽培を伝えたと言われています。その後、1648年から1651年に佐賀藩肥前白石郷の吉村新兵衛(1604~1657)が自らの当地(嬉野町不動山地区)を開墾(かいこん=山林を切り開くこと)し、茶種を蒔き栽培するとともに、南京釜の製法を改良し近隣に広めるなど、茶業の振興に努めたことが、一大産地となったうれしの茶の始まりと言われています。現在、吉村氏が蒔いた茶樹と伝えられる大茶樹が不動山・皿屋谷に残存しており、樹齢350年以上と推定され、これほど大きな茶樹は世界的にも珍しいと、大正15年に国の天然記念物に指定されています。
 
うれしの茶ミット
 より多くのうれしの茶ファンを増やそうと、生産者が中心となって1987年に第1回うれしの茶ミットを開催。毎年、新茶シーズンを前に開き、お茶摘み体験ツアーや手揉み実演・体験、お茶当てクイズ、製茶加工工場見学などたくさんのイベントのほか、お茶の淹れ方教室や茶うどんコーナなど新茶の香りとうれしの茶を食べても楽しめるイベントです。(4月初旬)

イベント開催情報は嬉野市ホームページで
http://www.city.ureshino.lg.jp(外部リンク)
 
「茶ムリエ」を知っていますか?
 「日本茶インストラクター」の別名で、日本茶の効能やおいしい飲み方、お茶の種類・収穫地などの知識を持っていることを認定する資格です。
 食品に関する専門知識を持つ資格者が求められる近年、JAさが嬉野支所管内では生産者をはじめ、JAの指導員や販売店の有資格者が毎年増え、うれしの茶の歴史とともにその美味しさを伝えています。
 資格の種類として現在2種類あり初級の「日本茶アドバイザー」、中級の「日本茶インストラクター」があり、上級である「日本茶マイスター」も数年後に発足される予定です。
 
もっと詳しく知りたい

美味しいお茶の入れ方や、効能などもっと知りたい人は西九州茶農業協同組合連合会のホームページへ
http://www.charen-ureshinocha.com(外部リンク)

うれしの茶のお問い合わせは
「西九州茶農業協同組合連合会」
〒843-0302 佐賀県嬉野市嬉野町大字下野丙1783-1
TEL:0954-43-3228 FAX:0954-43-3229

うれしの茶のお求めは
「さが風土館 季楽」〈JAさが直営店〉
佐賀県佐賀市大財3-7-16
TEL:0952-28-4151

「茶販売事業所」
佐賀県嬉野市嬉野町大字下野丙1783
TEL:0954-43-1459 FAX:0954-42-2806

インターネットでのお求めは
JAタウン(さが風土館 季楽)
http://www.ja-town.com/shop/c/c8101/(外部リンク)

さがファン(さが風土館 季楽)
http://www.sagafan.com/shop/shopinfo/shc/kira/(外部リンク)
 
うれしの茶体験
うれしの茶体験「嬉茶楽館」はこちら ≫

データ

主な出荷先(地方) 全国
旬の時期(新茶二番茶三番茶秋冬番茶

旬の時期

成分表 茶類:玉露:浸出液(100g中)
エネルギー
(kcal)
ナトリウム
(mg)
カリウム
(mg)
カルシウム
(mg)
マグネシウム 1
(mg)
リン
(mg)
5 2 340 4 15 30
ビタミンB1
(mg)
ビタミンB2
(mg)
ビタミンC
(mg)
葉酸
(mg)
コレステ
ロール
(mg)
食物繊維
(g)
0.02 0.11 19 150 0 -
参照/科学技術庁資源調査会編「五訂日本食品標準成分表」より

店舗で購入

 3.jpg

※店舗によって取り扱い商品は異なりますので、事前に店舗にご確認のうえ、ご来店ください。

WEBで購入

 1.jpg 2.jpg

簡単レシピ特集

茶.jpg

ページのトップへ