佐賀の農畜産物

ピーマン

ピーマン

 佐賀県では主に、夏場の平均気温が25℃前後と穏やかな、標高300m以上の高冷地で栽培されています。
 栽培の技術研究も盛んで、味も姿も良いピーマンづくりに取り組み、収量も数年で倍増しました。
▼商品を購入する
佐賀県産ピーマン
▲佐賀県産 ピーマン
ピーマンの花
▲ピーマンの花
栽培風景
▲栽培風景
 
個性
 やわらかな気候と、山間地の綺麗な水に恵まれた地域で育つピーマンの品種は「サララ」。そのさわやかな名前のように、クセや苦味が少なく、ほんのり甘いのが特徴です。
 また、自然にやさしい農業を継続するエコファーマー制度への取り組みも進めています。
 
健康
 ビタミンCやカロテンなどがバランスよく豊富に含まれています。
 ピーマン独特のにおいは、ピラジンという成分で、血液が固まるのを防ぎ、脳血栓などの予防に効果的。ビタミンCの美肌効果と合わせ、シミやソバカスに効果がある、メラニン代謝を促進する成分も含みます。
 
選び方
 緑色が濃く、表面に艶と張りがあるものを選びます。変形やへこみは問題ありませんが、色がくすみ、やわらか過ぎるものは古い証拠です。
 また、色が濃いものは、ビタミンCが多く含まれていると言われています。
 
由来
 熱帯アメリカが原産で、ナス科のピーマンはトウガラシの仲間。緑色のピーマンは、実は未熟な実で、そのまま完熟するとトウガラシと同じ赤や黄色のピーマンになります。
 戦後に多く消費されるようになりました。 現在までに、独特の青臭さが苦手な人のために品種改良も進み、青臭さや苦味が少なく、大型から小型、色も赤や黄色などたくさんの種類があります。
 

データ

品種 『さらら』
主な出荷先(地方) 九州
主な産地(JA・地区名、合計)
JAさが(中部地区・神埼地区)
合計約 196t(平成28年度販売実績)
出荷時期

pi-man.jpg

成分表 生(100g中)
エネルギー
(kcal)
タンパク質
(g)
炭水化物
(g)
カルシウム
(mg)

(mg)
カロテン
(ug)
22 0.9 5.1 11 0.4 400
ビタミンB1
(mg)
ビタミンB2
(mg)
ビタミンC
(mg)
ビタミンE
(mg)
コレステ
ロール
(mg)
食物繊維
(g)
0.03 0.03 76 0.8 0 2.3
参照/科学技術庁資源調査会編「五訂日本食品標準成分表」より

このページの上部へ