佐賀の農畜産物

清見

清見
 
▼商品を購入する
栽培風景
▲栽培風景
 
佐賀県産「清見」
▲佐賀県産「清見」
 
個性
 果汁たっぷりで、豊かな芳香の果肉はさっぱりとした甘味が特徴。昭和24年、静岡の農林省果樹試験場(当時)で温州ミカン(宮川早生)とオレンジ(トロビタオレンジ)の交配で生まれました。
 温州ミカンの甘酸っぱさと、オレンジのあふれるような果汁をあわせ持つ清見は、唐津市をはじめ小城市などで栽培されています。
 佐賀県ではハウス栽培の技術を確立。鮮やかなオレンジ色と果汁たっぷりの味の良さが、贈答品として人気が高く、大消費地の市場からも高い評価を受けています。
 
おいしい食べ方
 外皮が少し固めなので、手ではむかずにナイフを使って切り分けます。
 横に刃を入れ、半分にカットしてスプーンで食べたり、メロンやスイカのように切り分けるとおいしい果汁を逃さずにおいしくいただけます。
 

データ

品種 『清見』
主な出荷先(地方) 関東・関西・九州
主な産地(JA・地区名、合計)

JAからつ、鏡果実、佐城地区、みどり地区、JA伊万里、神埼地区
合計約439t (平成28年度実績)

出荷時期

kiyomi.jpg

このページの上部へ