佐賀の農畜産物

金柑(キンカン)

まるかじりが嬉しい佐賀県産「キンカン」
 まるかじりが嬉しい完熟キンカンとして大人気。健康志向や季節商品として年々人気上昇中です!まるかじりで食べるのが一番おいしいいただき方です。
 栄養たっぷりの佐賀県産の金柑は、主にハウス栽培され、樹の上で3~4cmに育った果実の完熟を待ち、食べごろを見計らい厳選して収穫します。
 平均糖度18度と高く、色付きや玉太りも良く、市場からも高い評価を受けています。
▼商品を購入する
佐賀県産「キンカン」
▲佐賀県産「キンカン」
 
キンカンの花
▲キンカンの花
 
個性
 皮が硬い露地栽培のものと比べ、薄皮だから金柑本来の味を生果で堪能できるのが特徴です。
 栄養も皮に多く含まれていますので、最高の食べ方ができます。また、金柑の甘露煮などお料理に丸ごと使えるのも嬉しいですね。
 
健康
 昔から民間薬として名高く、咳やのどの痛みに効果があるとされ、ビタミンCが豊富で風邪の予防や美容と健康にも役立ちます。特に、皮ごとまるかじりできる金柑は、ビタミンP(ヘスペリジン)を効率よく取ることができ、毛細血管の強化や血圧の上昇を抑制。また、ビタミンCの吸収を助けるほか、その働きをも助けます。
 
選び方
 色艶がよく、表皮のキメが細かくなめらかで、見た目より重く感じるものが良い。
 
由来
 金柑は、ミカン科キンカン属の常緑低木。原産国は中国の長江下流域といわれています。今でも、中国語のまま「ニンポウ」と呼ぶ農家も多いんですよ。

データ

品種 『寧波(ネイハ)』 他
主な出荷先(地方) 関東・甲信越・東北・九州
主な産地(JA・地区名、合計)
JAさが(佐城地区・神埼地区)、JA伊万里
合計約 47t (平成28年度実績)
出荷時期(ハウス)

kinkan.jpg

成分表 生(100g中)
エネルギー
(kcal)
タンパク質
(g)
炭水化物
(g)
カルシウム
(mg)

(mg)
カロチン
(ug)
71 0.5 17.5 80 0.3 130
ビタミンB1
(mg)
ビタミンB2
(mg)
ビタミンC
(mg)
ビタミンE
(mg)
コレステ
ロール
(mg)
食物繊維
(g)
0.1 0.06 49 2.6 0 4.6
参照/科学技術庁資源調査会編「五訂日本食品標準成分表」より

このページの上部へ