文字の大きさ 小 中 大

食と農業

イチゴ

イチゴ

 JAさがの主力品種「さがほのか」は、生まれも育ちも生粋の佐賀県産。果実が大きい「大錦」と食味に優れた「とよのか」を親として、平成10年に誕生しました。生産技術が確立された現在は、品種を独占することなく県外許諾をおこなっており、九州各県をはじめ全国に生産地が広がっています。
 このほか、大きくて甘く日持ちの良い「さちのか」も生産されています。

佐賀県産イチゴ「さがほのか」
▲さがほのか
高設栽培
▲高設栽培
佐賀県産イチゴ「さがほのか」
 
個性.jpg
「さがほのか」は、イチゴらしい姿がとても美しく、大粒で揃いもよく、糖度が高く上品な甘さ。また、すっきりと少ない酸味がさらに甘さを際立たせ、砂糖やミルクをかけなくても、そのままで美味しいと大好評です。
 
健康.jpg
 イチゴの果実には、ビタミンCがたっぷりと含まれています。免疫効果を高め、病気予防や健康維持に大切な役割を果たすほか、コラーゲンの合成を促したりと美容にも効果的です。
 でも、一番の効果は、食べておいしく幸せな気持ちにしてくることではないでしょうか。
 
選び方.jpg

すみずみまで赤色が濃く、艶のあるものが良く、緑色のヘタがピンとはったものが新鮮です。

 
由来.jpg
 ヨーロッパの石器時代の遺跡から野生種イチゴの種が出土したことで、その頃には食されていたのではと言われています。18世紀のオランダで、野生種を栽培に適するよう品種改良され、江戸時代の終わりごろにオランダの貿易船によって運ばれて来ました。

 

データ

品種 『さがほのか』 『さちのか』 
主な出荷先(地方) 関東・関西・中国・九州

 

主な産地(JA・地区名、合計)
JAさが(佐城地区・中部地区・東部地区・神埼地区・みどり地区・白石地区)
JAからつ、JA伊万里
合計約 7,536 t(平成25年度販売実績)
出荷時期

出荷時期

成分表 生(100g中)
エネルギー
(kcal)
たんぱく質
(g)
炭水化物
(g)
カルシウム
(mg)

(mg)
カロテン
(μg)
34 0.9 8.5 17 0.3 18
ビタミンB1
(mg)
ビタミンB2
(mg)
ビタミンC
(mg)
ビタミンE
(mg)
コレステ
ロール
(mg)
食物繊維
(g)
0.03 0.02 62 0.4   1.4
出典:五訂日本食品標準成分表(科学技術庁資源調査会)

 

「さがほのかは今年で15歳になりました」

rika04L.jpg 名称未設定-1.jpg
販売促進活動.jpg

 JAグループ佐賀では、2007年産イチゴの出荷開始と同時に、幅広い世代に人気の「リカちゃん人形」と佐賀県産イチゴの主力品種「さがほのか」とのタイアップを実現。
 「リカちゃん」の愛らしさや清らかさと「さがほのか」のもつピュアなイメージは、リンクするものがあり、市場関係者や消費者にも大人気!

 今年の3月に命名15周年を迎えたことを記念し、全国の「ほのか」ちゃんの笑顔写真を募集。全国から996人の応募があり、11月15日に全国の「ほのか」ちゃんの笑顔が載ったポスターが出来上がりました。

詳しくは「さがいちご」のホームページへ ≫

 

簡単レシピ特集
いちご.jpg
ページのトップへ