文字の大きさ 小 中 大

食と農業

ホウレンソウ

ホウレンソウ

 佐賀県では、主に高冷地の富士町や背振町で栽培されています。ホウレンソウは夏の暑さに弱く、冬の寒さに強い特徴があるので、夏でも冷涼な気候である両町は、ホウレンソウに最適の地域です。
▼商品を購入する
栽培風景
▲栽培風景
 
栄養が豊富なホウレンソウ
▲栄養が豊富なホウレンソウ
 
佐賀県産ホウレンソウ
▲佐賀県産 ホウレンソウ
 
yasai-kosei...
 加温施設の無い、雨や雪で傷むのを防ぐため「雨よけハウス」で栽培しています。
 また、動物性の堆肥を減らした土づくりにこだわり、山から刈り出したカヤや草など自然植物を土にすき込んでおり、中に含まれるアク(えぐみ)が少ないホウレンソウが生産できるようになりました。
 
yasai-kenko...
 ビタミンA、B1、B2、C、カリウム、カルシウムが豊富で、特に鉄分の含有量は野菜の中でもトップクラスです。また、ゆでることで、カロテンやビタミンEなどが増加します。葉酸も多く含むので鉄分の吸収を促進し造血を促し、貧血予防に効果がある栄養たっぷりの優等生野菜です。
 また、抗がん作用があることで注目されているβ-カロテンも多く含みます。このβ-カロテンは、炒め物など油と一緒に料理することで、生食と比べて約6倍も吸収力がよくなります。
 
yasai-erabu...
 葉の緑色が濃く、しおれていないみずみずしいものを選びましょう。また、根元に赤みを帯びているものが良いでしょう。古くなるとビタミン量が減ってしまうので、なるべく早く食べましょう。
 
yasai-yurai...
 ホウレンソウの原産地は、トルコ東部からイラン北部一帯と考えられています。ペルシア(現在のイラン)ではかなり古くから栽培されており、これが回教徒(イスラム教を信仰する中国の小民族)の聖地巡礼によって東西に広がったと言われています。
 日本へ最初に入ったのは東洋種で、江戸時代初期に中国から長崎に伝えられました。

データ

品種 『トラッドセブン』『クロノス』『マジェスタ』『ミラージュ』『トリトン』『ニュー進太郎』『ハンター』
主な出荷先(地方) 福岡・佐賀・長崎・熊本・鹿児島
主な産地(地区・JA名、生産・出荷量順、合計)
JAさが(中部地区・神埼地区・白石地区)
JAからつJA伊万里
合計約 268t(平成27年度販売実績)
出荷時期

hourensou.jpg

成分表 非加熱(100g中)
エネルギー
(kcal)
タンパク質
(g)
炭水化物
(g)
カルシウム
(mg)

(mg)
カロテン
(ug)
20 2.2 3.1 49 2.0 4200
ビタミンB1
(mg)
ビタミンB2
(mg)
ビタミンC
(mg)
ビタミンE
(mg)
コレステ
ロール
(mg)
食物繊維
(g)
0.11 0.20 60 2.1 0 2.8
参照/科学技術庁資源調査会編「五訂日本食品標準成分表」より
動画で見る

ほうれん草収穫.jpg

店舗で購入

 3.jpg

※店舗によって取り扱い商品は異なりますので、事前に店舗にご確認のうえ、ご来店ください。

WEBで購入

 1.jpg 2.jpg

簡単レシピ特集
ほうれん草.jpg

ページのトップへ