文字の大きさ 小 中 大

食と農業

チンゲンサイ

チンゲンサイ

 佐賀県では主に、みどり地区管内の武雄市で栽培されています。
よく、「朝採り野菜」と耳にしますが、チンゲンサイの場合、何時頃に収穫されていると思いますか?気温が高くなる前にナント、夜中の2時頃から収穫作業をしているんですよ。そんな苦労も、生産農家みんなが消費者へ「新鮮でおいしいチンゲンサイを届けたい」と願ってのことなのです。
▼商品を購入する
佐賀県産チンゲンサイ
▲佐賀県産チンゲンサイ
 
佐賀県産チンゲンサイ
▲佐賀県産 チンゲンサイ
yasai-kosei...
 栽培の先駆けとなった地区でもあり、標高のある山内町での栽培が盛んで、気温差を生かした高品質生産に取り組み、色合いが良く柔らかいと好評です。その秘密は、徹底した生産農家同士の技術交換と情報交換です。定期的に集まり、圃場を見回ったり、水の管理方法など細かな情報を伝えあいます。
 
yasai-kenko...
 栄養価も高く、和・洋・中とどんな料理にも合う万能野菜チンゲンサイ!味にクセが無くシャキシャキとした歯ごたえが人気です。
 ビタミンA、B、Cのほか、カリウムやカルシウムが豊富で、中でもガンの発生を防ぐことで注目されているカロテンは、油と一緒にとることで、吸収率が50~70%もアップします。
 
yasai-erabu...
 葉の緑色が濃く鮮やかで、根元がふっくらと丸く厚みがあり、葉の巻きがしっかりとしたものを選びましょう。葉が薄黄色になっていたり、筋っぽくなったものは避けましょう。
 
yasai-yurai...
 中国原産。1972年、日中国交正常化のころ日本へ渡来した、小白菜類等の中の一つで、歴史の浅い新しい野菜です。
 
二次元コード(QRコード) 携帯で、『チンゲンサイ』を使った簡単レシピがご覧いただけます!出荷袋にもQRコードが付いています。

データ

品種 『四季三昧』 『ニイハオ』
主な出荷先(地方) 九州北部・大阪・広島
主な産地(JA・地区名、合計)
JAさが(みどり地区)
計約357 t(平成27年度販売実績)
出荷時期

tingensai.jpg

成分表 生(100g中)
エネルギー
(kcal)
タンパク質
(g)
炭水化物
(g)
カリウム
(mg)
カルシウム
(mg)
カロテン
(ug)
9 0.6 2.0 260 100 2000
ビタミンB1
(mg)
ビタミンB2
(mg)
ビタミンC
(mg)
ビタミンE
(mg)
コレステ
ロール
(mg)
食物繊維
(g)
0.03 0.07 24 0.7 (0) 1.2
参照/科学技術庁資源調査会編「五訂日本食品標準成分表」より

店舗で購入

 3.jpg

※店舗によって取り扱い商品は異なりますので、事前に店舗にご確認のうえ、ご来店ください。

WEBで購入

 1.jpg 2.jpg

簡単レシピ特集
チンゲンサイ
ページのトップへ