JAさがニュース

農産物検査員育成研修/現場実習課程

さが本所/0825農産物検査員育成研修会.JPG 佐賀県JA農産物検査協議会は25日、佐賀市内で2020年度農産物検査員育成研修の現場実習を行った。同研修は、県内JAの農産担当者など農産物検査員資格の取得を目指す職員21人を対象としている。
 今月6日に米・麦・大豆・そばの品位等検査を行うために必要な基礎的知識や技能を習得する基礎課程が修了。今回から21年1月までに品位検査などの業務を行う現場実習課程を3回実施し、資格取得を目指す。
 今回は麦の品位等検査に係る実務研修を行い、検査手順や農産物検査証明方法、留意事項などを学んだ。
 現場実習課程終了後、21年4月に検査員として登録される予定だ。
写真=現場研修に励む参加者ら(25日、諸富町)

このページの上部へ