JAさがニュース

農作業事故「ゼロ」に/JAグループ佐賀春の農作業安全推進運動展開中

eg-200420JAグループ佐賀秋の農作業安全推進運動展開中.JPG JAグループでは、農作業事故防止を目的に、毎年春と秋に「JAグループ農作業安全月間」を定めている。
 農作業中の事故は、佐賀県においても毎年10件以上の事故が発生しており、JAグループ佐賀でも農作業中の安全確保と事故防止を目的とした「JAグループ佐賀農作業安全推進運動」の期別重点期間を春と秋に設定。現在は春季の運動期間となっており、令和2年4月1日から6月30日までの3カ月間で、農作業事故「ゼロ」を目指し、推進運動を展開している。
 同グループでの具体的な取り組みとしては、各JAでの広報誌などによる安全啓発記事の掲載や、農作業安全講習会の開催のほか、道路走行時の交通事故防止のための啓発資材などの提供などを行っている。
 また、テレビCMを使った啓発や関係機関へのポスターの掲示など県内全域に推進運動を展開している。同グループの担当者は「推進運動を通して農作業中の事故が少しでも減ればうれしい」と話した。
写真=ポスターやチラシも使って農作業安全啓発を展開している(20日、佐賀市)

このページの上部へ