JAさがニュース

組合員の方の「読んだよ」を励みに/令和元年度支所だよりコンクール大賞武雄北支所

eg-200330令和元年度支所だよりコンクール大賞武雄北支所.JPG JAさがは、3月下旬に令和元年度支所だよりコンクールを実施し、各エリアの一次審査で選ばれた12点の中から杵藤エリアの武雄北支所が大賞に輝いた。支所だより紙面づくりのレベルアップと活性化、職員間のコミュニケーションとモチベーション向上のためコンクールを初めて実施。
 支所だよりは、組合員との結び付きの機会が少なくなってきている中、組合員と対話する機会を増やし関係性を高めることを目的に行っている「1支所1活動」の取り組みの一環。支所独自の情報や行事、組織活動を紹介することで支所を身近に感じてもらい、支所の活動を組合員・利用者に知ってもらうことを通じて相互理解を深めることを目指している。
 武雄北支所の古場支所長は「パッと見て、手に取って読んでもらえるような読みやすさやユーモアのある紙面づくりを心がけて支所の職員みんなで作成している。組合員の方の『読んだよ』の言葉を励みに、これからも地域の身近な情報や活動を取り入れ温かみのある支所だよりを作っていきたい」と笑顔で話した。
 その他の受賞支所は次の通り。かっこ内はエリア名。
▽金賞=多久中央支所(佐城)▽銀賞=春日支所(同)、鹿島支所(杵藤)、杵島支所(同)。
写真=大賞に輝いた武雄北支所の職員(武雄市)

このページの上部へ