JAさがのご紹介

田植え地元農家に教わる/基里小学校田植え体験

さが三神/0622基里小学習田田植え2.JPG 鳥栖市立基里小学校の5年生60人は6月22日、さがびよりの田植え体験を行った。地元の子どもらに農業に触れ、食の大切さを知ってもらおうと学校と農事組合法人「結農の里はる」、JAが協力して行っている。
 JA職員が苗の取り方や植え方を説明。児童らは田植え綱に沿って一列に並び、慣れない作業に戸惑いながらも作業を進めた。初めて田植えを体験した児童は「田んぼの中は冷たくて気持ち良かった。農家の大変さを知ることができた」と話した。
 今後の圃場の管理は、結農の里はるで行い、児童らは10月頃に稲刈り体験を行う予定。
写真=久保山八郎代表理事に植え方を教わる児童ら(22日、とすきた支所管内)

このページの上部へ