JAさがのご紹介

日々を楽しく・みやきミニデイサービス

to-180517みやきミニデイサービス.JPG JAさが東部地区助けあいの会「みやき」は17日、上峰支所でミニデイサービスを行った。利用者40人と協力会員30人の計70人が参加し、演芸や歌、ゲームを楽しんだ。
 同会ではミニデイサービスに加え、高齢者の為の毛布洗いや独居老人宅の家事援助など年間を通じてさまざまな活動を行っている。
 この日特に盛り上がったのがゲームで、ピンポン玉をスプーンの上に乗せ、筒を持つ隣の人へ渡すゲームを行った。参加者は落とさないよう集中している様子で、ピンポン玉が落ちた時には「あぁー」という声をこぼしながらも楽しんだ。また、「ふるさと」「上を向いて歩こう」などを歌い、演芸では会員がフラメンコや舞踊を披露した。
 参加者は「大変有意義な時間だった。次回が待ち遠しい」と話した。

このページの上部へ