JAさがニュース

BMX選手権/農畜産物で応援

tk‐170716佐賀のRUN②.jpg JAグループ佐賀は16日、佐賀市であった競技用自転車・バイシクルモトクロス(BMX)で技を競う大会「佐賀のRUN2017BMXフリースタイル世界選手権」に「佐賀牛」や県産の米、牛乳、ジュースなどを賞品として提供し、全国から訪れたライダーやファンに、県の農業の魅力をPRした。
 大会は今年で7回目。全国からプロ・アマ合わせて約80人が集まり、スピンやジャンプといった技の難易度や独創性を競った。JAグループののぼりなどが立ち並ぶ中、子どもや初心者、プロまでが階級ごとに分かれてダイナミックな技を披露し、観客を沸かせた。
 JAグループ佐賀は、来場者にJA牛乳「さが生まれ」や、ジェイエイビバレッジ佐賀のジュース「佐賀みかんストレート」を配布した。

 写真=牛乳「さが生まれ」を配布
   日本農業新聞:2017年7月23日

このページの上部へ