文字の大きさ 小 中 大

経営支援策も紹介/東部園芸振興協 セミナー盛況

to-170219アス...  農家代表やJA、県、市町などで構成するさが東部園芸振興協議会は19日、JAさが東部地区三根野菜集集荷所で「アスパラガス!やってみようセミナー」を開いた。農業新規参入希望者、会社定年予定者ら就農候補者20人が参加した。
 JAと県の園芸指導員らが経営概要や就農までのノウハウなどを説明した。
 みやき町の山﨑清邦さんの圃場(ほじょう)では栽培や収穫、出荷について説明。選果場では選果の流れを視察した。
 室内研修では、アスパラガスの特徴や年間の栽培歴、月ごとの作業時間、収益性や栽培を始める際の経費などについて表や写真、動画を使って説明した。
 将来の農業経営の担い手を確保、育成するために、活用できる就農計画認定制度や補助事業、制度資金など就農支援策も紹介した。参加者は「栽培管理や経営資金など具体的にわかり参加して良かった」「実際に圃場を見て農家の話を聞き大変参考になった」と話した。
 同地区の16年産の販売金額は3億9593万円。 


 

 

  写真=ハウスで農家の説明を聞く参加者
  日本農業新聞:2017年2月23日

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
  2017/02/23   広報課 HP担当
タグ:ニュース
ページのトップへ