文字の大きさ 小 中 大

新規就農強力後押し/技術、経営2年の研修募集中

 JAさがは今年、新規就農を支援する「トレーニングファーム」を新設する。1期生は5月から研修に参加。みどり地区内にJAが建設中のキュウリ栽培ハウスなどで2年間、営農技術や農業経営を学ぶ。就農後は地域農業の担い手として活躍してもらう狙い。収量や品質面で高い実績を上げている先輩農家が指導に手を貸す。JAは今月末まで希望者を全国から募る。
 トレーニングファームは、施設キュウリ栽培の先進的産地である武雄市朝日町に構える。専任講師は県農業機関のOBが担う。JAの営農指導員や全国でもトップレベルの管内の生産者も助言する。
 研修期間中は、土壌・病害虫防除、肥料農薬、ハウス管理、設備投資や収支シミュレーションなど、農業経営に必要な基礎知識の講義がある。スムーズに就農できるよう、研修修了後はJAや市町村が農地のあっせんやハウス建設、給付金申請などを手助けする。
 応募要件は、おおむね45歳未満で研修後も同地区管内(武雄市、鹿島市、嬉野市、大町町、江北町、太良町)で就農、定住が可能な人。トラクターなどの農機具代や就農当初の生活費として300万円を事前に準備できること。家族の支えの下、農業を長く続けてもらえるように、原則夫婦としている。
 研修期間中の生活費は自己負担だが、国の制度「青年就農給付金」の承認を受ければ、年間150万円の支給がある。
 募集人数は最大3組で、締め切りは31日。書類選考後、2月中旬に体験実習・面接を行う。応募には履歴書やJAさがホームページに掲載している申込書などを用意する。
 問い合わせは、同協議会事務局・みどり地区中央支所園芸指導課(電)0954(62)2145まで。詳しい内容はホームページでも確認できる。

 

 

   日本農業新聞:2017年1月4日

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
  2017/01/04   広報課 HP担当
タグ:ニュース
ページのトップへ