JAさがニュース

食べて応援!学校給食に「佐賀牛」提供/佐賀牛学校給食提供事業がスタート

eg-200904佐賀牛学校給食提供事業がスタート.JPG 佐賀県は、「佐賀支え愛」応援キャンペーンの一環として、学校給食を実施している県内小中学校などに佐賀牛など県産和牛肉を無償で提供している。 
新型コロナウイルス感染症の影響により、インバウンドや外食需要が減少し、佐賀牛や佐賀産和牛など県産和牛の枝肉価格が下落。経営がひっ迫している肉用牛農家を応援するために実施する。子ども達に佐賀牛などの美味しさや魅力を知ってもらい、一般家庭での消費拡大にもつなげる目的。
学校給食を実施している県内小・中学校、特別支援学校、定時制高等学校の児童生徒や学校教職員ら約7万人を対象に、二学期から令和3年3月までの期間に3回提供する予定。
 4日には、佐賀市の若楠小学校の給食でシシリアンライスとして初提供された。佐賀牛を食べた子供たちは「やわらかくておいしい」「家でも食べたい」と笑顔で話した。

 

このページの上部へ