JAさがニュース

農機・自動車初荷が出発/農機・自動車初荷式

eg-200108農機・自動車初荷式①.JPG JAさがは8日、佐賀市久保田町のJA農業機械総合センターで2020年農機・自動車初荷式を行った。購入者や農機・自動車メーカーの関係者、JA職員ら約200人が農作業の安全を祈願した。管内の初荷は、トラクターや田植機などの農業機械53台と自動車29台の計82台。竹ササに「新春初荷」と書かれたのぼりを掲げたトラックが、真新しい農機や自動車を乗せ一斉に購入者の元へ出発した。
 初荷式は09年から毎年開いており今年で12回目。20年の初荷は前年並みの台数となった。
同JAの坂口雅義専務は「農機・自動車を購入された方々が事故にあわれないように安全な運転・農作業ができることを祈願したい」とあいさつした。

このページの上部へ