JAさがニュース

ダンス亜風呂屋―佐賀みかんREMIX―/ハウスミカンを東京でPR

oi-190622ダンス亜風呂屋佐賀みかん②.jpg JAグループ佐賀と“さが”農産物ブランド確立対策推進協議会は6月22日、東京都渋谷区の銭湯「改良湯」で県産ハウスミカンのPRイベントを行った。銭湯の風呂場で、DJやライブパフォーマンスを楽しむ「ダンス亜風呂屋」と県産ハウスミカンをコラボレーションした企画。85人が参加した。
 かんきつ特別対策事業の一環で、生産量日本一をアピールするほか、果物の消費量が減る中で、若い世代に果物の良さを知ってもらう目的。
 同イベントはネットでの情報拡散を狙いSNS映えを意識しており、参加者はミカン色のアフロを被りながら、各所に設置した撮影スポットで「映える写真」を撮っていた。佐賀みかんのキャラクター「さがみかんきちくん」が登場すると、歓声が上がり撮影の行列ができるほど人気だった。
 ダンスフロアと化した風呂場では、参加者がワイヤレスヘッドホンを着け、サイレントフェス形式で音楽を楽しんだ。壁面にはハウスミカンをイメージしたプロジェクションマッピングも実施した。
 「マツコの知らない世界」にも出演した日本みかんサミット代表の清原優太氏を招き、ミカンをテーマにしたトークショーも行った。ハウスミカンを食べながら、「佐賀みかん」の特徴や、栄養成分などを紹介。ハウスミカンの存在を知らなかった参加者もおいしさに感嘆の声をあげていた。
 ハウスミカンを使ったパエリアやカクテルも提供。参加者は最後にミカン風呂に入浴し、ミカンづくしのイベントを楽しんだ。
 参加者は「今の時期に食べられるミカンがあることを初めて知った」「佐賀のおいしいハウスミカンをこのイベントで知ったので、今後も食べたい」と話した。

このページの上部へ