JAさがニュース

「さが風土館季楽」九電で出張販売

tk-190607季楽九電で出張販売①.JPG JAさが直売所「さが風土館季楽」は6、7日の両日、佐賀市の九州電力佐賀支社で出張販売会を開いた。同社が販売スペースを無償で提供し、初めて開催。県産農産物や加工品の販売のほか、県産野菜を使ったカレーの振る舞いもあり、同社社員や地域住民など2日間で約160人が来場し楽しんだ。
 九州経済連合会の「出張販売で地産地消」事業の一環。会員企業が社屋の一部を直売スペースとして無償で提供することで、生産者の販売機会と売上増加、地域貢献につなげる狙い。
 事前に同社が「さが風土館季楽が九電佐賀支社ビルにやって来る!!」と題したチラシなどで近隣住民や社員に周知。当日はトマトやタマネギ、ハウスミカンなどの農産物のほか、ドレッシングやフリーズドライのスープなどの加工品が並んだ。また、JA産直街かど畑の県産野菜を使い、同社の取り扱うIH調理器の実演も行われ、カレーが振る舞われた。
 来場者からは「近くで季楽の商品が買えて助かる」など喜びの声が上がった。今後もJAグループと同社で連携し取り組みを継続していくことで、地域の活性化に貢献したい考えだ。

このページの上部へ