JAさがニュース

家族が好きな手作りに笑顔/佐城地区牛津ミドルグループ

sj-170509牛津ミドルグループ②.jpg JAさが佐城地区の牛津ミドルグループは同JA砥川相談所で、「さがほのか」を使ったイチゴ大福や、タマネギドレッシングなどを作った。部員ら20人が参加した。
 エークックの鹿島清永さんが、素材の栄養を逃がさずおいしく料理できる鍋(ドライスチーマー)の性能を紹介した。ドレッシングを作った部員は「タマネギがたくさん入っていておいしい。家族にも人気」と笑顔で話した。

 

  写真=タマネギドレッシングを容器に注ぎ分ける部員
   日本農業新聞:2017年5月18日

このページの上部へ