JAさがニュース

自民党本部で物産展・佐賀県の特産品をPR

ko-181220佐賀さいこう!物産展.JPG 佐賀県とJAグループ佐賀、佐賀県有明海漁協、佐賀県酒造組合らは12月20日、東京・永田町の自民党本部で農畜産物や加工品、有田焼などの県産品をPRする「佐賀さいこう!物産展」を開いた。国会議員や党職員らが大勢訪れ、佐賀県自慢の逸品を買い求めた。党本部では都道府県の物産展が定期的に開かれており、佐賀県は初めての開催となった。
 「伝統美と創造美」をコンセプトにブースを設置し、特産のミカンやキュウリ、米、茶、のりなどの他、今年デビューしたばかりのイチゴ「いちごさん」も販売した。
 山口祥義知事は「伝統的なものに加え、新品種のイチゴなど新しいものもたくさん用意した。ぜひ、佐賀県をご愛顧いただきたい」とあいさつ。自民党の二階俊博幹事長に「いちごさん」や佐賀牛を手渡した。二階幹事長は「佐賀県自慢のものを多く出品いただいた。ぜひ楽しんでほしい」と来場者らに呼び掛けた。
 販売ブースのほかに試食コーナーも準備。佐賀牛やさがびよりのおにぎりには長い列ができ大盛況だった。

このページの上部へ