JAさがニュース

ローン利用者らイチゴ狩り/佐城エリア

 JAさが佐城エリア金融共済部金融課は佐賀市でイチゴ狩りイベントを行った。同エリア中部地区管内のローン利用者への感謝と、土に触れ、収穫する喜びや食する楽しさを知ってもらおうと毎年開催。金融担当職員ら43人が、2016年度に住宅ローンを利用した顧客のうち、参加希望者60家族214人を出迎えた。
 4農家の協力を得て14棟のビニールハウスを開放。暑いハウスの中で、参加者らは汗を流しながら配られた箱いっぱいに熟れた赤いイチゴを摘み取った。
 参加者は「甘くておいしい。家族で貴重な体験ができて楽しかった」と笑顔で語った。
 古賀厚司金融共済部長は「来年は10回目を迎える。今まで以上におもてなしの心で対応し、JAをより身近に感じてもらいたい」と語った。


     日本農業新聞:2018年6月7日

このページの上部へ