JAさがニュース

特産当選者決まる/愛される店へ催し

tk‐180521SS春の感謝祭抽選会.jpg JAさがは5月下旬、4月下旬に実施したJA-SS春の感謝祭の抽選を行った。応募総数6787の中から、佐賀牛などの商品当選者93人を決めた。感謝祭は今回が初開催。地域に根差した給油所として、来店客とのコミュニケーション強化を図った。
 JAは、組合員・利用者の利便性確保と低価格ニーズに対応するため、SSのセルフ化を進めている。感謝祭は、セルフ化後も来店客とのコミュニケーションを大切に、組合員・利用者に信頼される拠点を目指すため実施した。
 抽選は、組合員や地域住民へ約5万枚配布したちらしに付けた応募券で受け付け、佐賀牛ローススライスや県産米「夢しずく」などを贈る。発送は5月末の予定。
JAの担当者は「秋の感謝祭なども計画しており、今後も地域に愛されるSSづくりを目指す」と話した。
 感謝祭は、管内35のSSでガソリン・軽油を特別価格で提供した他、2000円以上の給油で菓子などをプレゼントした。2日間で1万972台が来店した。
 

 

     写真:佐賀牛などの当選者93人を決定
     日本農業新聞:2018年5月30日

このページの上部へ