JAさがニュース

料理教室など体験企画が人気・新春総合展示会

mi-180114生活総合展示会.jpg JAさがみどり地区の鹿島、嬉野、塩田、太良地区は1月中旬の3日間、4地区合同で新春総合展示会を開いた。3日間で約400人が来場。節句用品や婦人服などの生活用品を展示販売した。アクリルたわし作り教室や、女性部員対象の料理教室などのイベントを初めて開催。多くの家族連れでにぎわった。
 メーカー13社がブースを出展。料理教室では、みどり地区女性部の生活文化アドバイザー・松尾久美子さんを講師に、シュンギクのグリーンカレーなど4品を調理した。家庭にある正月の余った餅や、みどり地区特産のミカンを使ったアレンジメニューに、参加者たちは大満足だった。
 野菜ソムリエプロの資格を持つ松尾さんによる野菜講座も行い、さまざまな野菜の効能や調理方法を紹介した。

 

     写真:松尾さん㊥を講師に野菜の魅力を確認した料理教室
     日本農業新聞:2018年1月27日

 

このページの上部へ