JAさがニュース

豊富な農畜産物PR・東京・日本橋三越でフェア

te-180117銀座三越PR.jpg 佐賀県とJAグループ佐賀は17~23日、東京の銀座、日本橋三越で佐賀フェアを開いた。イチゴやデコポン、キウイフルーツ、新タマネギ、トマト、レンコンといった青果物に加え、「さがほのか」を使ったスイーツなどを販売した。県産農畜産物を豊富に使った商品で、存分に佐賀県をPRした。
 18日には山口祥義知事とJAさがの大島信之組合長、JAからつの堤武彦組合長がトップセールスをした。
 山口知事は「自慢の佐賀の逸品に触れていただきたい」とあいさつ。大島組合長は「佐賀の生産者が丹精込めて育てた青果物をぜひご賞味ください」と呼び掛けた。

 

     写真:佐賀県産品をPR
     日本農業新聞:2018年1月25日

 

このページの上部へ