JAさがニュース

園児の食農教育・七草がゆ作り挑戦

ch-180109富士町北部保育園七草教室3.jpg JAさが中部地区富士町女性部は9日、佐賀市富士町の北部保育園で七草教室を開いた。食農教育の一環として、地元特産の七草を使い、昔から伝わる七草粥の作り方や歴史を学んだ。園児14人が参加した。
 園児らは、同町の生産者、嘉村和樹さんのハウスで七草を収穫。園に戻り、女性部員に教わりながら七草がゆ作りに挑戦した。コンソメ風に味付け園児らが食べやすいように工夫した。七草がゆを食べ終えた園児らは「おいしかった」「七草粥を食べたからもう風邪はひかない」などと笑顔で話した。

 
   写真=七草粥作りに挑戦する園児
   日本農業新聞:2018年1月14日

このページの上部へ