JAさがニュース

「いい夫婦の日」前にPR/佐賀県花づくり推進協フェス

フラワーデザインコンテスト2.jpg 佐賀県や県花き生産団体連合会、JAさがなど7団体で構成する県花づくり推進協議会は11月中旬、唐津市で佐賀県フラワーフェスティバルを開いた。「いい夫婦の日(11月22日)に花を贈ろう」をテーマに、フラワーデザインコンテストなどを展開し、花の魅力をPRした。
 消費者に花のある生活の豊かさややすらぎを感じてもらい、県産花きへの親しみと理解を深めてもらう目的。県産花き・バラの品種展示やフラワーアレンジ教室、フラワーデザイナーの中山佳巳さんによるデモンストレーション、花のオークションなどを行い、花に触れ合う一日を演出した。
 伊岐佐和太鼓や園児による合唱、県内ゆるキャラによるじゃんけん大会もあり、子どもから大人まで多くの人が来場、色とりどりの花があふれる会場でさまざまなイベントを楽しんだ。
 JAの担当者は「この機会に近所の花屋に足を運んでもらい、部屋のインテリアや贈り物など日々の暮らしに取り入れてもらいたい」と期待を寄せた。

 
   写真=色とりどりの花でフラワーコンテスト
   日本農業新聞:2017年11月22日

このページの上部へ