JAさがニュース

生活総合宅配を開始/食材と日用品一体化

tk-170401生活総合宅配事業出発式.jpg  JA全農とJAさがは4月から、生活総合宅配事業をスタートした。夕食材料を届ける「食材宅配事業」と食品や日用品を宅配する「JAくらしの宅配便」を組み合わせ、3つの温度帯(常温、冷蔵、冷凍)商品を利用者の自宅に届ける。2つの宅配事業を一体化したのは全国のJAで初めてで、一括注文できる。高齢者や共働き家庭など利用者の生活環境が多様化しているのに合わせて商品の選択肢を拡充し、地域の健康と暮らしをサポートする。
 「地域」「個食」「簡便」「買い回り」「買い置き」をコンセプトに、常温約1000品、冷蔵約120品、冷凍約30品をそろえた。食材は県産・国産にこだわる。注文方法もインターネットや紙媒体などを選ぶことができる。商品、注文方法とも多くの選択肢を提供し、高齢者や買い物が不便な人にも利便性が高まった。
 簡単に調理できるおかずキットや栄養バランスを考えた食材コースなどを用意し、健康面にも配慮する。タブレット端末を活用し、訪問による受注にも対応する予定だ。
 佐賀県神埼市の食材センターで開いた出発式には、JA担当者やJA全農、関係会社など約20人が集まり、第1号の宅配車を見送った。JA生活燃料部の北村正弘部長は「新しい生活総合宅配がスタートする。利用者の声に対応し、地域のインフラ機能を拡充していく」と意欲を示した。
 

  写真=3つの温度帯で商品を提供する宅配事業の第1号車を見送る関係者
  日本農業新聞:2017年4月9日

このページの上部へ