JAさがニュース

地域の祭りに農産物/多久まつりで収穫感謝祭

sj‐171028多久収穫感謝祭①.jpg JAさが佐城地区の多久地区と三組織(生産組合・青年部・女性部)は10月28、29の両日、JR多久駅周辺で開かれた多久まつり会場で、収穫感謝祭を行った。多久市内外からの多くの来場客でにぎわった。
 多久産農産物の品評即売会や多久牛肉の販売の他、牛乳「さが生まれ」の試飲、新米の試食、餅つき、白米のすくい取り、ミカンのつかみ取り、ミカンの袋詰め放題(100円)、バザーなどをした。
 家族で訪れた来場者は「ミカンの詰め放題を楽しみにしていた」と笑顔で話した。
 同地区では、23日に多久農産物直売所「たくさん館」で、第5回たくさん館収穫感謝祭を開く予定。紅白餅や多久特産品の配布などを行う。

 
   写真=ミカンの袋詰め放題を楽しむ来場者
   日本農業新聞:2017年11月2日

このページの上部へ