JAさがのご紹介

兵庫小学校収穫祭

ch-171122兵庫小学校収穫祭①.JPG 佐賀市立兵庫小学校4年生129人は11月22日、兵庫支部農政協議会や同支部青年部、子ども会員ら14人を招き、収穫祭を開いた。総合学習の一環で種まき、田植え、稲刈りに取り組み、10月に収穫した米をおにぎりにして、お世話になった人々に振る舞った。
 招かれた青年部員は、子どもらに「自分も昔兵庫小学校で米作りを体験した。皆さんも、同じように一生の思い出にしてほしい」と挨拶した。
 子どもたちは6~8人の班に分かれて、保護者らとともにたくあんや梅干し、ごま塩などを使っておにぎりを一人4個ほど握った。子どもらは「米が柔らかくて、丸めるのは難しかった」と話した。一生懸命作ったおにぎりを振る舞われた青年部員らは「おいしい」と笑顔だった。
 圃場を提供した兵庫町の宮﨑和彦さんは「今年も楽しい収穫祭だった。これから、米をたくさん食べて、中学、高校へと進み、立派な大人になってほしい」と子どもらに語りかけた。

このページの上部へ