JAさがのご紹介

全身泥だらけ/中原小学習田田植え

to-170703中原小田植え.JPG JAさが東部地区中原支所管内にある中原小学校の5年生約60人は3日、総合学習の一環として学習田の田植えを行った。指導には同支所青壮年部員と同支所職員、営農指導員が当たり、苗の持ち方から植え方まで丁寧に教えていた。
 この日はヒヨクモチの苗を、同校所有の田んぼ約13㌃に定植。児童らは一列になって田んぼに入り、泥だらけになりながら田植えを行った。
 収穫後は、同校で12月上旬に行われるもちつき大会に使用される。
 児童らは、「昔の人がこうやって田植えをしていたかと思うと、すごく大変だったんだなと思った。今は機械があって便利になったなと実際に経験して分かった」と語った。

このページの上部へ