JAさがのご紹介

米作り体験の集大成として餅つき/鳥栖市立基里小学校餅つき体験

さが三神/1126基里小餅つき大会1.JPG 鳥栖市立基里小学校の5年生59人は11月26日、餅つき体験を行った。児童らは、これまでに播種から稲刈りまでの米作りの一連の作業を農事組合法人「結農の里はる」やJAの指導のもと、体験している。
 児童らは、同法人メンバーらに杵の持ち方やつき方のコツなどを教わりながら「いちに、いちに」という大きな掛け声に合わせて元気いっぱいに餅をついた。その後、つきたての餅を思い思いの大きさに丸め、楽しく体験を終えた。
 初めて餅つきをした児童は「杵は思っていたよりも重たかったけれど、とても楽しかった。自分たちでついた餅を食べるのが楽しみ」と笑顔で話した。

写真=掛け声に合わせてテンポよく餅をつく児童ら(26日、基里小学校)

このページの上部へ