JAさがのご紹介

基山小 献上米を田植え/基山小学校田植え体験

ss-190618基山小田植え(献上米)2.JPG 基山町にある基山小学校の5年生約100人は18日、献上米の田植え体験を行った。今年は天皇陛下の代替わりに1度だけ行われる大嘗祭に同小学校が育てた米を献上する。大嘗祭は各都道府県から農産物が届けられる。
 田植え体験は、総合学習の一環としてJAと農業委員会、基山町などが協力して毎年行っているもの。JA担当指導員は「3~4本ずつ苗を取って田植え網に付いている赤い印に合わせて植えて下さい」と植え方や持ち方を説明。児童らは農業委員やJA職員の指導のもと、1株1株丁寧に植え付けた。
 田植えを体験した児童らは「1株1株に『大きくなーれ』という思いを込めて田植えをした。収穫が楽しみ」と笑顔で話した。 

このページの上部へ