JAさがのご紹介

スイートコーン収穫 で食と農について学ぶ/福富中学校とJA女性部が食農教育

kt-190611福富中学校とJA女性部食農教育.jpg 白石町立福富中学校とJAさが福富支所女性部は6月11日、同支所管内でスイートコーンの播種と収穫体験を行った。食農教育の一環として、地域の特産物、食の大切さを理解してもらおうと、同中学校と同女性部が13年前より取り組んでいるもの。
 当日は1年生45人がスイートコーン栽培農家である溝上光一さんの圃場約10㌃で播種や収穫体験を行い、溝上さんや女性部員らの指導を受けながら作業を行った。作業ごとに班が分けられ、協力し合いながら作業を楽しんだ。
 また、同時期のスイートコーンは収穫直後そのまま食べることができるため、児童らは溝上さんらから渡された生のスイートコーンにかぶりつき「初めて茹でずに食べたけれど、みずみずしくておいしい」と驚きの声を上げていた。
 作業後には、茹でたスイートコーンが振る舞われ、「おいしい」「甘い」との声を上げながら、農業や食べることの重要さを学んでいた。 

このページの上部へ