JAさがのご紹介

ウォーキングで健康作り/ときめき女性大学

sj-181113女性大学ウォーキング3.JPG JAさが佐城エリア(佐城)は13日、小城市でときめき女性大学を開き「ウォーキング講座」を行った。女性部員や地域住民ら約80人が参加。佐賀県ウォーキング協会から講師5人を招き、ウォーキングの正しい姿勢や効果、ウォーキングマナーなどを学んだ後、小城市内のコースを6㌔歩いた。
 協会の土井政子さんは「人生100年時代と言われている今、最後まで自分の足で歩くことが大事」と呼び掛けた。
 参加者は「山道を歩くのが慣れていなくて大変だった。家の近所から毎日少しずつ歩く距離を伸ばして、健康寿命を延ばしたい」と笑顔で話した。
 次回は、2月に家庭菜園講習会とお菓子作りを行う予定。

このページの上部へ