JAさがのご紹介

部会員同士の交流深める/みどり地区女性部エルダー部会全体交流会

kt-181114(みどり)エルダー全体交流会.JPG JAさがみどり地区女性部エルダー部会は14日、同地区中央支所でエルダー全体交流会を開いた。部会員186人が参加し、にわか劇や演芸交流を通して部会員同士の交流を深めた。
 中溝美代子部会長は「今日はエルダー部会に入って良かったと思える交流会にしたい。いくつになっても『やるなら今でしょ』の気持ちを大切に、何事にも挑戦しましょう」とあいさつした。
 にわか劇には県内外で人情芝居を行っている賑い商はっぴぃかむかむが「かぐや姫」を公演。会場は笑い声と笑顔に包まれ、参加者一同大満足の様子だった。
 にわか劇の後は、JAの生活総合宅配について商品紹介があり、栄養バランスの良い宅配弁当の紹介や試食を行った。部会員らは「どの料理もおいしかった。週に3日から頼めるとのことだったので検討したい」と宅配弁当に興味を持った様子だった。
 また、演芸交流会を行い、部会員がこの日のために練習を重ねた踊りなどを披露した。
参加者は「自分よりも年配の方も、綺麗な踊りを披露されていて、刺激を受けた。エルダー交流会では毎年新しい刺激を受けることができる。来年も参加したい」と話し、実りのある講演会となったようだ。

このページの上部へ