JAさがのご紹介

一連を通して食の大切さを学ぶ・青壮年部神埼支部

kz-180705神埼小学習田田植え.jpg JAさが神埼地区青壮年部は5日、神埼支所管内で神埼市立神埼小学校の5年生104人を対象に田植え体験を行った。同小学校では一連の学習田活動を通して食と農の大切さを理解してもらうため、毎年行っている。
 青壮年部員とJA担当職員が「紐に付いている赤の目印に苗を2・3本取り2㌢ほどの深さに植え付けて下さい」と説明。児童らは雨が降る中、恐る恐る田んぼに入り部員らに教わりながら丁寧に植え付けた。
 田植えを体験した児童らは「一生懸命植えたので大きく育ってほしい」と笑顔で話した。

このページの上部へ